ホーム » 支援内容 » 経営指導・企業育成

support 05

経営指導・企業育成

創業を目指す人や創業間もない企業に向けて、シェアオフィスやインキュベートルームの賃貸と、インキュベーションマネージャーによる創業相談や「あさひかわBiz Café」の開催、経営相談などハード・ソフト両面での支援を行っています。

支援内容

シェアオフィス及び、インキュベートルーム賃貸・運営、インキュベーションマネージャーによる創業相談、「創業支援事業計画等」に基づく各種支援、「あさひかわBiz Café」、「どうほくBiz Café」の開催、道北ビジネスプランコンテストの開催、特許や意匠など相談受付「知財サテライト」運営。

起業家育成・創業支援

旭川産業創造プラザでは、創業相談、セミナーの開催、ビジネスプランコンテストの運営を通じ道北地域での創業を応援します!
随時創業のご相談をお受けしております。お気軽にお問合せくださいませ。

その他の創業セミナー

インキュベートルームの運営

一般財団法人旭川産業創造プラザ(施設名:旭川リサーチセンター)では、これから創業するあるいは創業間もない方、さらには新たな事業分野の開拓を図る方々のために、施設内にインキュベートルーム、フリーアドレススペースのシェアオフィス「HATTEN BIZ」を運営しております。

インキュベートルーム

施設レンタル

インキュベーションマネージャーによる支援

インキュベーション・マネージャーとは、新規創業や経営革新などの新規事業などに意欲的に取り組む企業の問題解決を図る人材のことです。現在、日本ビジネス・インキュベーション協会認定のインキュベーション・マネージャーが地域産業支援機関などに配置されています。当財団にもインキュベーション・マネージャーの資格を持った職員が北海道の地域経済の活性化を図るため、関係機関とのネットワークを活かしながら、日々、地元企業のサポーターとして活動しています。

日本ビジネス・インキュベーション協会について詳しくはこちら

「道北地域創業支援等事業計画」に基づく各種支援

平成26年度以降、旭川市が中心となって留萌市、稚内市、士別市、名寄市、富良野市、鷹栖町、東神楽町、東川町との自治体間連携とともに、創業支援事業者の代表者であり道北地域(6市31町4村)を所管する(一財)旭川産業創造プラザや共同実施者である旭川商工会議所とあさひかわ商工会のほか、留萌、稚内、士別、名寄、富良野の各商工会議所、(一財)旭川しんきん地域振興基金、日本政策金融公庫旭川支店、中小企業診断士等の専門家とも連携しながら、道北地域の創業希望者に対して、あさひかわBizCafe、創業塾、窓口相談、創業セミナー、インキュベーション施設等を提供しています。

旭川市を中心とした道北地域創業支援等事業計画について詳しくはこちらのガイドブックをご覧ください。

知財サテライト

「独自技術で何か事業はできないだろうか?」「この商品の技術を他社にまねされたくない」
「特許って難しそう。。。」などお悩みなどはないでしょうか。
INPIT北海道知財総合支援窓口では、中小企業等の特許・商標等の知的財産に関する悩みや課題などの相談に応じるため、窓口担当者が様々な支援を行っています。
また、より専門的な相談や高度な相談については、弁理士や弁護士等の知財専門家と協働して支援を行います。
当財団は、そのサテライトとして、テレビ会議システムを使って、専門家との対面相談を行っています。
窓口担当者や知財専門家への相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

INPIT北海道知財総合支援窓口について

その他経営指導・企業育成事業に関わる業務

当財団が運営する経営指導・企業育成事業に関わる業務の他、商工会・商工会議所、その他の団体が主催するセミナーへの協力を行い地域一丸となった企業育成の支援を行っております。

新型コロナ感染症に関する経営相談窓口

旭川市の委託を受け、新型コロナウイルス感染症により経営に影響を受けている中小企業・小規模事業者の皆様を対象としてアドバイザーによる経営改善、資金繰り、助成金・給付金・補助金ほか経営に関する特別相談窓口を開設しています。(2021年3月31日まで)

本事業は終了しました。

2021年度 ガンバル中小企業・小規模事業者応援補助金

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中にあっても、様々な創意工夫や、新たなことに挑戦しようとする中小企業等を応援することで、事業継続や業績の維持・向上を後押しし、地域経済の元気を回復します。そのため、(一財)旭川産業創造プラザでは、中小企業等が行う新製品・新サービスの開発から販路拡大、設備投資などの新たな取組に要する経費を補助する事業です。
(募集は終了しました)

本事業は終了しました。