北海道で育てられた原料を使用し、道内の蒸留所で蒸留し、道産木材でつくられた樽で熟成する――
そんな 北海道にとことんこだわったコーンウイスキーづくりに挑戦しています。
北海道の大地から世界へ飛び立つ北海道コーンウイスキーの愛称を募集します。

■北海道コーンウイスキーにこめた想い
北海道はとうもろこしの生産量日本一。しかし、とうもろこしの市場にはまだまだ伸びしろがあります。
「道産とうもろこしを使って、世界に誇れる北海道のウイスキーをつくりたい。」
そんな想いがきっかけとなり、北海道コーンウイスキーの実現に向けたプロジェクトが令和3年度からスタートしました。

■プロジェクトのコンセプト
北海道は、穀類、水、木材など、ウイスキーづくりに必要な原材料や資源に恵まれ、ウイスキーの熟成環境に適した冷涼・湿潤な気候と寒暖差をあわせもつなど、ウイスキーの世界的産地となる可能性を秘めた大地です。

プロジェクトでは、北海道の資源と魅力を最大限に活かし、北海道にとことんこだわったコーンウイスキーづくりを目指します。

原料生産、ウイスキー製造、流通販売に関わる10の道内企業・団体と北海道立総合研究機構が一丸となり、
令和7年度のリリースに向けて取り組んでいます。

■募集要項
募集内容
次の項目を満たす愛称を募集します。

北海道コーンウイスキーにこめた想いがイメージできる愛称であること。
多くの皆様に親しまれる愛称であること。

■応募資格
20歳以上の方であればどなたでも応募できます。

■応募期間
令和4年11月 1日(火)~11月30日(水)(30日間)

■応募規定
・応募作品は未発表で、第三者が有する著作権等の権利を侵害しないものに限ります。
・ウイスキーの産地名として著名な「バーボン」を用いた愛称は他の文字と組み合わせても認められません。
・ひらがな、カタカナ、漢字、数字、ローマ字のいずれかを使用してください。組み合わせも可能ですが、数字のみの愛称は認められません。
・お一人様何点でも応募可能です。
・応募作品の著作権、商標権等知的財産権及びその他一切の権利は、北海道立総合研究機構に帰属します。
・応募者は応募作品に対し、著作者人格権(※)に基づく権利行使は行わないこととします。
・応募者は作品の応募をもって、上記の応募規定に同意したものとみなします。
※著作者人格権…公表権、氏名表示権および同一性保持権からなる権利

■応募方法
次のいずれかの方法でご応募ください。

1.専用Web応募フォームにアクセスし、必要事項を記入
https://www.hro.or.jp/form/servlet/front?id=117&p=1&m=1&mode=new&token=20221107192815871twObS5lqmbgBZMlt4EGuzxPX5zZ7Cq09

2.官製はがきに必要事項を記入し、下記に郵送

【必要事項】

①愛称 ②愛称の読み方(ひらがな) ③愛称の説明(理由、意味など)

④住所 ⑤氏名(ふりがな) ⑥年齢 ⑦電話番号 ⑧メールアドレス(お持ちの方のみ)

※①~⑦の記入がない場合は審査の対象外となります。

【送付先】

〒060-0819 北海道札幌市北区北19条西11丁目

北海道立総合研究機構 研究戦略部企画グループ

 

■愛称発表
決定時期:令和5年2月ごろ(予定)

発表方法:北海道立総合研究機構ホームページ 及び 「道産コーンウイスキープロジェクト」公式ページ

 

■賞品
採用賞金:5万円

採用者には「北海道コーンウイスキー愛称選考委員会」事務局より直接連絡します。
採用された愛称に複数の方が応募していた場合、抽選で受賞者を決定します。

■問い合わせ先
北海道コーンウイスキー愛称選考委員会事務局(北海道立総合研究機構 研究戦略部内)
Tel:011-747-2812(受付時間:平日 午前9時~午後5時)
E-mail:hokkaido-cornwhiskey@hro.or.jp
※こちらは応募先ではありません。

■掲載URL
https://www.hro.or.jp/info_headquarters/challenge/cwnickname.html

■道産コーンウイスキープロジェクト
https://www.hro.or.jp/info_headquarters/challenge/cornwhisky.html

Join to newsletter.

Curabitur ac leo nunc vestibulum.

Continue Reading

Get a personal consultation.

Call us today at (555) 802-1234

Request a Quote

Aliquam dictum amet blandit efficitur.