容器・包装は、大切な製品を外的要因から守ったり品質を保持する役割のほか、パッケージで差別化を図る商品も増えています。デザイン性や保存性などの機能性を視野に入れながら素材を選ぶことで、より良い商品開発が進められます。

今回のセミナーでは、消費・賞味期限に係る容器包装に必要な保存性や衛生面、環境問題など機能性を考慮すべき要素について幅広い視点からお話を頂きます。

 

■視聴方法 YouTube配信

(申込み後、URLをメールで送付します。)

■講  師

HIRO包装・設計研究所  所長  佐々木 敬 卓 氏

(元東京聖栄大学 特任教授(食品包装))

■チラシ

こちらをクリック

■お問合せ・お申込み

旭川食品産業支援センター(旭川産業創造プラザ内)

TEL:(0166)68-2824

FAX:(0166)68-2828

E-mail:fosup@arc-net.or.jp

Join to newsletter.

Curabitur ac leo nunc vestibulum.

Continue Reading

Get a personal consultation.

Call us today at (555) 802-1234

Request a Quote

Aliquam dictum amet blandit efficitur.