https://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/shs/yusyutu/2021haccp-hard.html

事業概要
農林水産物・食品の輸出拡大を図るため、輸出先が求める輸入条件、認証等(HACCP、ISO、FSSC、JFS-C等)に対応した食品製造事業者等の施設の新築・改修及び機械の導入等を支援する事業です。
詳細につきましては「事業概要」をご確認ください。

■事業概要ダウンロード
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/fs/6/0/4/7/5/1/7/_/02-1%20%E9%81%93%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E6%A6%82%E8%A6%81.pdf

■交付対象経費等
(1) 施設等整備事業
本事業の実施に直接必要な経費であって、本事業の対象として明確に区分でき
るもので、かつ、証拠書類によって金額が確認できるもののみとし、輸入条件へ
の対応、輸出向け HACCP 等の認定・認証取得に向けた対応及び輸出先国のニーズ
への対応に必要な施設の整備(改修・修繕を含む)及び機器の整備に係る経費と
する。
ただし、施設の新築及び増築については、掛かり増し分とする。掛かり増し分
とは、工事費、実施設計費及び工事雑費のうち、輸入条件への対応や輸出向け
HACCP 等の認定・認証取得を行う場合の経費から、輸入条件への対応や HACCP 等
の認定取得を行わなかった場合の経費を差し引いた金額とする。(新築及び増築
ともに、新たに施設を整備することから、新たに国内 HACCP 等(危害要因分析必
須管理点)衛生基準をクリアできる施設を整備した場合の施設に対して、輸出相
手先国の HACCP 等の認定・認証取得に必要な整備に要する資材等単価の掛かり増
し分のみが対象)
※ 対象施設・機器の例
・施設の衛生管理の強化に向けた排水溝、床、壁等の改修
・エアーシャワー、殺菌機等の衛生管理設備の導入
・温度管理を要する装置・設備の導入
・家庭食向けのパッキング設備の導入 等

(2) 効果促進事業
輸出向けHACCP等の認定・認証取得に係る費用、輸出向け HACCP 等導入後
の適切な管理・運用を行うための人材育成に係る経費等、(1)の施設・機器の整
備と一体的に行い、その効果を高めるために必要となるコンサルティング等に係
る経費とする。ただし、(1)の交付対象事業費の 20%以内とする。(海外バイヤー
等の招へい等の販売促進費用は除く。)

 

■対象事業
令和3年度(2021年度)食品産業の輸出向けHACCP等対応施設整備緊急対策事業
令和4年度(2022年度)食品産業の輸出向けHACCP等対応施設整備事業

■受付方法
本事業は、市町村を経由して要望調査を実施しております。
本事業の申請をお考えの事業者様におかれましては、市町村ごとに受付締切日が異なりますので、最寄りの市町村までお問い合わせいただき、お早めに提出書類(事業実施計画書等の電子データ)を市町村窓口まで提出をお願いします。

■提出期限
各市町村ごとに提出期限が異なりますので、詳細につきましては当該市町村へご確認ください。
なお、北海道から農林水産省への提出期限は以下のとおりとなっています。

第一次:令和4年(2022年)6月20日(月)、第二次:令和4年(2022年)7月19日(火)

■留意事項
本調査に係る事業実施については、国の事業実施計画承認・採択後の着手となることについて、あらかじめご了承願います。

■このページに関するお問い合わせ
農政部食の安全推進局食品政策課
〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目
TEL : 011-204-5427
FAX : 011-232-7334

 

Join to newsletter.

Curabitur ac leo nunc vestibulum.

Continue Reading

Get a personal consultation.

Call us today at (555) 802-1234

Request a Quote

Aliquam dictum amet blandit efficitur.