旭川デザインハブについて

旭川市は、デザインプロデュースの実践的な研修を実施し、デザイン経営導入、旭川市のブランド構築やイノベーション創出を図るために、2020年度から「旭川デザインプロデューサー育成事業」を始動し、2021年度より事業者とデザインプロデューサーを繋ぐ=ハブ(hub)サイトを立ち上げました。

デザインプロデューサー
登録者リスト

旭川市の企業等に対し、付加価値の高いビジネスモデルを構築し地域経済を活性化していくことを目的として、基礎研修、実践ワークショップ、実践研修を修了したメンバーを「旭川デザインプロデューサー」として旭川市が認定しています。

デザインプロデューサー
登録者研修

旭川市のデザインプロデューサー育成事業修了者を対象に、デザイン経営の観点から中小企業等への支援を行う上で必要な知識や技術の向上を目的とした研修を行っています。

デザインプロデューサー
派遣事業

事業者様のお困りごとや、新しい挑戦(新製品、新サービスの開発や新たなビジネスモデルの構築等)に関する相談に応じ、デザインプロデューサーを派遣して課題の抽出や解決手法を提案します。