ホーム » 各種支援 » 研究開発助成事業について

研究開発助成事業について

夢づくり・ものづくり支援事業助成金

道北地域において“ものづくりに意欲のある企業”の新製品・新技術開発から販路拡大を応援する助成事業です。助成金の支出以外にも、専門家の派遣支援や各種支援制度の紹介などのきめ細かい総合的なサポートを行います。

平成30年度 研究開発助成事業(Ⅰ型)採択一覧

申請者 アテネファーム
所在地 下川町
テーマ 美味で安全な食品の背景にこだわる消費者に向け自家製造「濃縮フルーツトマト」の開発・加工・販売事業
概要 加工を内製化するための設備を導入し、製造能力を向上させ販路を拡大していく計画。
申請者 (株)川島旅館
所在地 豊富町
テーマ 地元豊富牛乳を活用した新商品開発に伴う、WEBを活用した販路拡大
概要 自社ホームページを一新して地場の素材を使用したオリジナル商品や旅館のPRを行い、豊富温泉の知名度を向上させ、豊富町の活気を取り戻すことを目的とした事業。
申請者 (有)協和農産
所在地 愛別町
テーマ 農福連携と地域を生かした「無添加きのこもち」の新商品開発
概要 発芽玄米および愛別町の特産であるきのこを活用した新商品の開発ならびに開発後の販促活動を計画している。
申請者 (有)キョクトー
所在地 旭川市
テーマ 充填機導入による新商品の開発及び製造能力の向上
概要 同社の人気商品である北海道野菜等を原料とした加工品の容器変更および生産能力向上のため、設備導入を行う。
申請者 土開製粉(株)
所在地 旭川市
テーマ 海外向けそば粉の安定供給と販路拡大計画
概要 海外の取引先からの要望に応えるべく、そば粉の色彩を計測する粉体白度計を取り入れ、生産性および品質の向上を図る。
申請者 (株)成田商店
所在地 留萌市
テーマ スマホ対応ホームページによる販路拡大・収益強化とブランディング戦略
概要 電話での受注を主にしているため、スマホ対応のホームページを開設してネット販売に力入れる事で売上向上に繋げていく。
申請者 (株)North innovation
所在地 稚内市
テーマ 新稚内ブランド【エゾ鹿肉】製品の販路拡大
概要 販路拡大を目的に、ホームページのリニューアル、商品パンフレットの作成を行う。
申請者 (株)MARVELOUS
所在地 旭川市
テーマ 道北の素材を活用した機能性オイルの食品及び保湿化粧品の開発・製造・販売強化事業
概要 特許を取得した技術(酵素を用いて油の分子を細分化しベタつきを抑える)で製造した発酵オイルを使用し、化粧品の開発や食品加工を行う。


助成限度額・採択件数

・限度額  50万円以内(1案件)
・採択件数 7件程度(予算の範囲内)

応募期間

平成30年7月9日(月)~平成30年8月17日(金)消印有効

募集は終了しました

応募資格

道北地域(上川・留萌・宗谷)に主たる事業所を有し、6か月以上事業を行っている中小企業者(個人事業主を含む)・中小企業グループ(共同研究グループを含む)のいずれか。※

※中小企業:中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項に規定する企業

上川管内
  • 旭川市
  • 士別市
  • 名寄市
  • 富良野市
  • 鷹栖町
  • 東神楽町
  • 当麻町
  • 比布町
  • 愛別町
  • 上川町
  • 東川町
  • 美瑛町
  • 上富良野町
  • 中富良野町
  • 南富良野町
  • 占冠村
  • 和寒町
  • 剣淵町
  • 下川町
  • 美深町
  • 音威子府村
  • 中川町
  • 幌加内町
留萌管内
  • 留萌市
  • 増毛町
  • 小平町
  • 苫前町
  • 羽幌町
  • 初山別村
  • 遠別町
  • 天塩町
宗谷管内
  • 稚内市
  • 猿払町
  • 浜頓別町
  • 中頓別町
  • 枝幸町
  • 豊富町
  • 礼文町
  • 利尻町
  • 利尻富士町
  • 幌延町

応募内容・対象となる産業分野

新製品・新技術等の開発及び開発後の事業化について明確な構想等があるもの。可能性調査、ビジネスプランの検討、試作開発、販路拡大など、調査段階から事業化段階のいずれの段階でも対象となります。例えば、産業機械・設備、IT、環境・エネルギー、自動車部品、建築・設備機器、インテリア、食品、化粧品、ヘルスケア、介護用品等の分野における新製品開発や販路拡大等の応募を期待しています。

対象経費

報償費、旅費交通費、消耗品費、手数料、原材料費、機械装置費、印刷費、通信運搬費、使用料及び賃借料、委託料、外注加工費、負担金 等

スケジュール

(1)応募終了後、開発内容等の詳細についてヒアリングに伺います。
(2)応募プランの内容を当財団の選定委員会で検討したうえ、選定プランとしての適否を決定し、通知いたします。
(3)選定プランに対する支援内容等については、後日、申請者と協議のうえ決定いたします。
(4)選定プランの内容と支援の成果等は公表しますが、それ以外は秘密厳守とします。
(5)事業対象期間は、(H30.4.1~H31.3.31)又は(H30.10.1~H31.9.30)の2種類です。

過去の採択実績

食品加工技術の開発/ユニバーサルデザイン製品の開発/省エネ暖房システムの開発/新商品の開発及びブランド化(加工食品、鋳物、家具など)/情報関連のソフト、システム開発/土木・建築工事に関する装置開発/製品の量産化のための加工機の開発/省エネルギーに関する製品の研究開発/自動車部品の開発/地元をPRする映像コンテンツの配信、など

採択後、選定プランに対する支援内容

・ビジネスプランのブラッシュアップ
・専門機関へのコーディネート(大学、公設試験研究機関等の支援窓口や研究者等への紹介・斡旋)
・商品開発等における専門家の派遣及び指導
・展示会等など“人・もの・情報”に触れられる場への出展支援
・試作等の開発の推進
・ワーキンググループの設置による開発支援
・各種支援制度(補助金・助成金等)の紹介や申請サポート
・経営・技術相談として、財務・販売促進等のアドバイス
・技術開発や商品開発等に関する情報収集・提供

※開発プランの内容を勘案し、相談の上、支援内容を決定します

事務局・お問い合わせ先

一般財団法人旭川産業創造プラザ
〒078-8801 旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号旭川リサーチセンター
TEL0166-68-2820 FAX0166-68-2828

▲ページの先頭へ